2009年09月19日

QUITO_黄熱病予防接種

ボリビアのウユニ塩湖に行きたくなったので、入国の際必要なイエローカードを取得すべく、黄熱病の注射をしにいきました。

行った先は、日本大使館イチオシの

CENTRO DE SALUD NO.2
FRAY BARTOLOME DE LAS CASAS


Fco.Lizarazu N26-167
青色の建物。
注射タダ、イエローカード作成費 10USD
イエローカードの作成にはパスポートが必要。

受付とかなく、建物入って右、階段ちょっと上がった最初の部屋"Vacunacion 101"に直接行く。
名前と歳を書かされた。
問診とかもなくて、「なんの注射してほしい?」と聞かれ、言った注射をブスブスしていってるようです。

黄熱病のついでにタダだし他の注射もしてもらっちゃおうと、
・A型肝炎 ・狂犬病 ・破傷風 のスペイン語のリストを見せて、これ、できる?と聞いたところ、「できる」と言いながら、リュック背負って立ったままの状態で腕まくられてブスリ・・・・

「え、え、なんの注射?黄熱病?」

「黄熱病は反対の腕にする。」

といいながらまた反対の腕にブスリ・・・・

他のオバチャンが教えてくれたけど、どうやら破傷風の注射を打たれたようです。
1回じゃ効き目ないので来月また行かなきゃなりません。
どうせならA型肝炎か狂犬病がよかったなぁ、、、
この2つはここにはないとのこと。

注射を打った内容の紙を廊下の突き当たりの窓口に持ってって、パスポート見せて、10ドル払って、また、注射の部屋戻って、イエローカードにサインもらっておしまい。
注射した後はお酒飲まないでくださいとかお風呂入らないでくださいとかの説明とか一切なし。
あっというまでした。

黄熱病は日本で打つと1万円はするようです。
カナダも100CADくらいとか言ってた。
破傷風は3500円くらい。

ちなみにパスポートの更新は日本と変りはなく、10年もので155USD 。

日本出て早4ヶ月、パスポートの更新して予防接種受けてようやく旅行の準備が整ってきました。

が、ホームステイ先、なかなか居心地外いいので最初2週間のつもりだったんだけどまだ当分ここにいます。
今は平日スペイン語習いながら、放課後ちょろっとサルサ教室に行ったり。



0918_2009-09-13,一眼 077.JPG

Centoro Historico
Hostal Sucure 106号室より



posted by A at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■エクアドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。