2010年08月16日

インドはこんなカンジよ

ブ_IMG_0994.JPG



ニューデリーのパハールガンジー。
2010年4月時点では、半年後にはここは見違える、と言われたんですが。
11月に確認に行きたいと思います。
posted by A at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ■インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

インドの思い出

だぁ〜〜〜、ひまぁ〜〜〜〜

安静って、ひまぁ〜〜〜〜



せっかくなんで数少ないインドの写真、アップします。


デリー_IMG_1006.JPG

デリーの拠点、グランバザール。
この近辺に安宿、お土産屋、レストランいっぱい。


デリー_IMG_1007.JPG

ターリー 30ルピー(約60円)
ラッシー 15ルピー(約30円)


デリー_IMG_1050.JPG

マンゴージュース(小) 5ルピー(約10円)
これから暑くなるにつれ、本格的にマンゴーシーズンの到来。
満喫できなかったのは残念だけど、この時期のジュースでも値段を考えればジューブン満足。


デリー_IMG_1038.JPG

ご当地マック「マハラジャ チキン」
チキンのすり身でハンバーグができていて激マズ。
今回の旅で一番マズイご当地マックでした。


デリー_IMG_1033.JPG

今回行った唯一の観光地(?)、インド門。


リシケシ_IMG_1109.JPG


ガンガー in リシケシ。
この街は聖地。
街自体に肉とアルコールがありません。
けどデブが多い。

リシケシ_IMG_1106.JPG



本当だったら、リシケシ、ダラムサラ、アーグラー、ガジュラホ、バラナシ行って、ネパール行こうと思っていたんだけど。
やっぱり途中で帰ってきたのはただただ残念もうやだ〜(悲しい顔)
食べ物も満喫してないし、インド人に騙されてないし、うざいインド人にも会ってないし、わたしのインドのイメージってバラナシ、そのバラナシにも行ってないし。

いつか、、、、


リベンジだね。




posted by A at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ■インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

アシュラム・ニケタンでの悪夢(リシケシ)

トンカツ食べたい。

コンニチハ。
心配かけてゴメンナサイ。
今日も病院行ってきたけど、順調に回復してます。


イスラムの国入ってからインドにかけて、たっまぁ〜に鳥を食べるくらいでずっと肉食べてないんでお肉が食べたいです。

なのに肝炎なっちゃって日本でも食事規制です。

ホントに、

カレーとかトンカツとかチャーシューラーメンとか、

脳裏に焼き付いて離れません。

ああ、肉、特に豚肉が食べたい。




インドの病院と日本の病院、やっぱ違いますね。

インドでは肝炎は風邪程度のよくある病気のようです。
入院なんてとんでもなく、3日間全く何も食べておらず弱っていたので点滴お願いしたら「そんなの必要ない」と断られました。
それに比べ日本、頼みもしてないのに点滴をうってくれたうえ、入院するように、って。
せっかくのお誘いだったんですが、インドで10日間寝込んだあげく、最悪のコンディションの中、過激スケジュールで日本まで帰ってこれちゃったんで、いまさらわたし本当に入院必要?ということで、お断りさせていただきました。



デリーからバスで8時間、リシケシというところにヨガをしに行きました。
最短滞在期間12日からというニケタンというアシュラム(宿泊&食事付ヨガ道場)に入ったんですが、初日からなんか体調おかしくて、夕方熱を計ってみたら39度!!
あわててオフィスに病院を紹介してもらおうと行ったんだけど、そこには医務室があって、ドクターいるから診てもらえと・・・

手首握って曰く、
ドクター「熱はない」
わたし「2回計って2回とも39度あった」
ドクター「熱はない。お前の体温計が壊れているんだ」

ドクターの体温計で計ってもモチロン熱ありました。
そして、翌日も同じ会話を繰り返す。

運悪いことにこのドクター、ここのアシュラムのオーナー。
スタッフはこのドクター兼オーナーを恐れている様子で、病院紹介してと言ってもドクターに遠慮してかはぐらかすばかり。
発病から約1週間、水も飲めないくらい衰弱して、他のお客さんが動いてくれて、ようやく病院連れてってくれました。

ここの宿泊者の台湾人のお医者様や日本の人たちが、いろいろと助けてくれてなんとか日本帰れるくらい回復しました。
本当に本当に感謝してもしたりないくらいです。
情けは人のためならず、じゃないけど、わたしも旅行中困っている人がいたら力にならなきゃ、と思いました。

だけど、インド人が困っていても助けないような気がします。

posted by A at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

そろそろ潮時

っていうかさぁ、

肝炎にかかってしまい、急遽、帰国しました。


10日間ほどリシケシで寝込んでいたわけなんですが、日に日に暑くなる印度、療養とっているというより衰弱していっているような、、、、

ようやく動けるようになったので、ムリヤリ日本です。

マジ、ムリヤリ、、、


これから宮崎帰って病院行きます。
posted by A at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ■インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

初めてのインド

インド、


オシッコくっさぁバッド(下向き矢印)


ナマステ!
インドのデリーにいます。

これまで会った旅人のインド情報を総括すると、デリーの空港、駅近辺のリクシャ・タクの運ちゃん、および、旅行代理店は信用するな。
そして、ションベン臭いです、ということでした。

マジ、ションベン臭いです。

しかも街中でトイレ、困らないのが殿方のみ、というのが腑に落ちません。

そしてかなり暑いです。
暑くて観光できません。
3日間、洗濯しかしていません。
ジーンズ絞らず干してもすぐ乾く!!
明日、北に逃げます。

マンゴージュース、カレー、ご当地マック、腹を壊す前にと一生懸命食べてます。
やっぱアジア、食には困りません。
そしてインド、安いです。


インドに来た目的は1つexclamation


日本に帰る前にキレーになる


下痢で、ヨガで、アーユルヴェーダで。

キレーになるまでは日本に帰りません。

帰れませんもうやだ〜(悲しい顔)

今、マジやばいです。

昨日、一回り下の日本女子とお茶していたところ、店員に、

「あなた疲れているように見えますね。
 彼女はあなたの娘ですか?」

と聞かれました。
銃があったら撃ち殺していたところです。

posted by A at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ■インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。